転職するのであれば、家族が居るなら無職期間は短くする

転職を考えている時に、大事になってくるのがなるべく無職期間を短くするという事です。例えば、他の企業に転職したいという事で、今勤めている企業を退職しますと、その日から次の職場が決まるまでは無職になってきます。もし、すぐに次の職場が見つからなければ、どんどん無職期間が長くなってしまって、それがマイナスになってきます。採用する側も無職期間が長いよりも短いまたはまだ他の企業に勤めている人の方が仕事にすぐになじめるというように評価する事が多いです。ですので、無職期間が長いというのは大きなマイナスになってしまう事があります。

そこで、転職を考えているのであれば、今勤めている会社を退社するのではなくて、勤めながら他の職場を探すのが良いです。そうすると、無職にならない状態で転職活動ができます。転職先が決まれば、すぐにその事を今勤めている企業に言って、退職の手続きをとっていきます。また、転職の採用試験では、まだ他の企業に勤めている状態であり、採用されればすぐに退職の手続きを取っていくという事を言っておく事も大事です。勤めながら転職活動をするのは、時間的にも厳しい部分がありますけど、採用率を高める事を考えると、勤めながらの方が転職は成功しやすいです。家族がいるなら無収入になるのは避けるべきです。仕事をしながら転職活動をする事になりますので、他のプライベート時間が少なくなってしまう可能性がありますけど、転職は努力をしなければ成功しないですので、その部分は我慢していきます。

中途採用のための求人サイトを活用して、スムーズに求人情報を得てください。そうすれば今の会社を辞めずとも先に転職先を見つけて、家族に心配をかけることなく転職する事ができるでしょう。

入社してから、「こんなはずじゃなかった。」と思う人へ

大学在学中に、「自分が向いている仕事はどんなものか?」「学生の時に学んだことを活かせる会社に就職したい。」そんな思いで、就活をして、何とか内定をもらうと、心から嬉しくなるはずです。しかも、第1希望の企業に就職できたのであれば、その喜びはひとしおだと思います。しかし、いざ入社し研修を経て、職場に配属され仕事を始めると「自分が思い描いた雰囲気と違う。」そのように感じる人も少なくありません。入社当時に、SE希望だったものが、営業に配属されてしまい、それだけでモチベーションが下がってしまう人も少なくありません。しかし、それでいいのです。例え、潜在能力を持っている人でも、最初から自分の希望する職種に配属されるということは、少ないと思うべきです。会社の人事はその人の適性を冷静に分析して、その人に合った場所に配属させるのです。もしかすると、SEになるためには、営業で現場感覚を養う必要があるために、営業に配属させたということもありえるのです。従って、希望する部署に行けなかったと言っても、決して負けないで欲しいのです。

「石の上にも3年」ということわざがありますが、1つの仕事を覚えるためには、3年の月日が必要なのです。 3年経過するまでは、今の立場で仕事を全うしてください。その上で、新しい仕事を希望するのであれ、その時点で転職を考えることが、とても大事だと思うのです。転職するには自分の強い考えや思いを明確に持っておくことが必要です。それが故に、常に自分がどんなことを目指したいのか、リアルな考えを持っていることが、必要なのだと思います。家族が居る方は無計画では駄目ですね。

家族が居るのに派遣で仕事の実績が評価された!しかし、未来はあるのか?

派遣には様々な仕事があります。一般職だけではなく専門職でも多くの派遣の仕事があります。どんな職業や業界でも、派遣で仕事をしていると自分の活躍が評価されることがあります。派遣先の職場から感謝されたり、派遣会社から仕事への取組み方を褒められるなど、本当に色々と実績を評価されることがあります。普通なら、これはとても良いことであり、これからの仕事に対して大きなモチベーションの高まりとなります。しかし、派遣として働いていることから、一定の評価を受けた時に冷める瞬間もあります。派遣はあくまでも派遣であり、契約期間が決まっています。簡単に言ってしまえば、いつ仕事が無くなってもおかしくないわけです。そうした状況で仕事をしていると、高評価を貰えても先の将来はやっぱり不安です。評価を得ることで正社員のオファーが届くのでは?と期待を持つことがあります。しかし、現実は派遣社員に対して正社員のオファーが届くことは本当に少ないです。家族がいるなら早めに正社員になっておくべきだったのに・・もし、こうした期待を持っているなら自分を積極的に売り込んでください。良い評価を得ていることから可能性はなくもありません。派遣先でお世話になっている上司と雇用に関する話をする機会があれば、しっかりとアピールをしておくことが大事です。また、本気で正社員を目指すなら派遣に区切りをつけてガチで転職活動にチャレンジすることも検討しておきましょう。派遣はメリットやデメリットが極端にあるので、自分に合っている雇用形態かどうかを考えなければなりません。

転職希望者は採用から即入社する覚悟が必要な理由

転職を成功に導くにはいろいろな要素がありますが、その一つには入社のタイミングがあります。ここでは転職者の入社について解説します。

・入社までが遅いとリスクになる

入社の時期については転職者は企業側の考えとずれる事がよくあります。しかし、今企業が求人を出している理由を考えてみましょう。なぜ企業が求人を出しているのかというと、人手が足りないからです。したがって、内定が決まってから早くに入社できる人の方が企業側の評価は高いです。逆に入社までに3カ月や4カ月も待って欲しい、などと言われたら企業からしたら、「それならあなたではなくて、他の人を探すよ」という事になる可能性が高いのです。これはある意味当然ですね。家族が居るからフットワークが重い方は要注意です。

・入社までのリミット

キリのいい月初から入社するいう例が多いのですが、これも内定が決まった翌月初めからがいいでしょう。翌々月初めという例もありますが、これでは転職に対しての意欲がないように受け取られます。また、他の転職車採用との兼ね合いもあるのです。一般的に内定してから、入社までのリミットは45日間と言われています。これ以上伸ばすと企業が採用に二の足を踏む可能性があります。例えば離職している人なら「明日からでも来てほしい」と言われた時でも、対応できます。人手の足りていない企業はこのようにすぐに来てくれる人材を求めている事を知っておきましょう。即入社できる人が内定を勝ち取る事がある事を覚えておいてください。

大企業のサラリーマンがベンチャー企業に転職するのは危険

大きな会社、特に名前の売れた会社に就職した場合、しばらくは特権を得た、そして勝ち残ったという満足感に包まれます。しかしそんな満足感も、出世競争がはじまり、自分がその中では決して恵まれたサラリーマン人生を歩むことはできないと感じるあたりから、すっかり過去のものとなってしまいます。入社してしばらくすると、転職を考えるようになります。自分は大きな組織の中の歯車の一部のままで仕事人生を終えたくはない、もっと自分がやった仕事が会社や世の中に直結する仕事がしたい。そんな事を言い出して、中小企業やベンチャー企業への転職を考えるのです。はっきり言うとやめた方が良いでしょう。そのまま大手企業でくすぶっていた方が幸せな人生を送ることができるでしょう。

大手企業のサラリーマンはわかっていません。自分達がどれだけ好待遇なのかということを。給与はもちろん、福利厚生、労働条件が桁違いに違うのです。中小企業やベンチャー企業では、簡単に有給消化なんてできません。人間ドックを会社負担で受けることができるというのがどれほど幸せかが大企業のサラリーマンはわかっていません。歯車でいたくないのであればプライベートで何か生きがいを見つけましょう。それでもやっぱり転職をしたい、そう考えるのであれば、今と同じような好待遇をうけることができるような大企業にしましょう。大企業に勤務していたというプロフィールがあると、中小企業やベンチャーには入りやすいです。しかし、一度中小に落ちつくと、もう一度大企業に入るのはとてもハードルの高い転職になるからです。家族がいる場合はなおさらリスクとなります。

転職を考えている人へ、仕事は必ず追いかけてきます

今の時代、一つの会社で定年まで働くなんてナンセンス。多くの人が転職を繰り返し、その都度ごとに自分に合わせた働き方を続けるもの。就職して、技術を身につけ、人脈を作り、成熟した段階で次のステップへと転職する。そのような働き方が求められるようになっているのです。しかし、それは転職する側にとって都合でしかありません。転職される会社側からすると、せっかく育てた社員が短期間で辞めてしまうのは重大な損失です。将来、会社に利益をもたらすことを期待して、莫大な時間と費用をかけてきたのに、よくやくそのスタート地点に立った段階で退職されてしまっては全て無駄になってしまうからです。さて、現在転職を考えている人は、今の自分のスキルを身につけるまでに、会社がどのくらいの費用をかけたかを考えている人はいるでしょうか?もしかすると自分が一人で得たスキルだと思っている人もいるかもしれません。そうではありません。それはほとんど会社が与えたスキルと言って良いでしょう。

辞めてしまえば関係ないそのように考えることもあるかもしれません。しかし、仕事というのは必ず一生ついて回ります。もし育ててもらった会社に恩義を感じることなく辞めてしまうと、それはずっと付いて回ります。よく仕事は追いかけてくるものといいますが、途中で辞めてしまった仕事だってそれは同じ。今の時代、転職を引き止めるのはもはや時代遅れ。ですが、辞めるのであれば最低限、会社に迷惑を掛けない形で辞めましょう。途中で放り投げてしまうようなことをすれば、必ず追いかけてきます。全て完結して、次のステップへ進むようにしてください。